治療費が大きく異なる

どの入れ歯が良いのか

安くすることを優先する

保険を適応させる場合は、主に素材がプラスチックになります。
強度を高めるために厚く作られるので、口内に入れた時に違和感を抱くかもしれません。
また見た目が本物の歯と少し異なるので、口を開いた時に人工的なものだと相手に気づかれる面がデメリットです。
デメリットが多いですが、安いという部分は大きなメリットになるでしょう。

予算が少ない人は、保険を適応できる方法で入れ歯を作ってください。
病気が原因で歯を失った場合は、必ず代わりの歯が必要です。
そのまま放置していると噛み合わせに問題が出たり、歯を抜いた部分の穴からバイ菌が侵入して病気になったりする危険性があります。
歯がないことを受け入れて、入れ歯を作ってもらいましょう。

自費で支払う場合

金属やシリコンなどの素材を使って入れ歯を作成してほしい時は、保険を適応させないでください。
入れ歯の内面部分に金属を使うと、熱伝導率が高まります。
すると快適に食事ができますし、シリコンは見た目が歯茎と似ているというメリットがあります。
ですから、口に入れても違和感を抱きにくいでしょう。
金属もシリコンも、プラスチックのように厚く入れ歯を作る必要はありません。
それも、使いやすい入れ歯になる秘密です。

人工的な歯についても自由に選択できるので、もとから生えている歯に近い種類を選びましょう。
するとさらに自然な見た目になり、外見を気にする人におすすめです。
気になる人は医師に、保険を使わなかった場合の費用を聞きましょう。


TOPへ戻る