治療費が大きく異なる

身体への負担を考えよう

金属部分が見えてしまう

一般的な保険入れ歯の時は、金属の針金を使って固定します。
固定する歯に与える負担が大きく、違和感を抱いたり痛みを感じたりするかもしれません。
また歯全体ではなく、部分的に歯を失っている人も見られます。
その場合は、部分入れ歯を使うでしょう。
部分入れ歯の時は、他の歯に直接金属の針金を装着します。
ですから口を開いた時に、金属が見えてしまうかもしれません。

見た目を気にする人や、人と会う機会が多い人にはおすすめできない方法です。
メリットが多い方法を選択したいなら、前もって予算を多めに確保しましょう。
部分入れ歯はサイズが小さいので、普通の入れ歯よりも費用が安く済むかもしれません。
口内の状態に合わせて、入れ歯を選びましょう。

ストレスをなくそう

痛みを感じたり、金属が相手に見えたりするとストレスを感じると思います。
精神的な負担を削減したい人は、保険を適応しない方法を選んでください。
すると使える固定器具の種類が増えるので、自分の希望に一致するものを選べます。
最近は、ノンクラスプデンチャーと呼ばれる種類が人気です。
その場合は固定器具が歯茎と同じようになっており、口を大きく開いても相手に気づかれません。
目立たない面が、大きなメリットです。

さらにマグネットデンチャーという種類も注目されており、名前の通り磁石を使って入れ歯を固定します。
歯茎と入れ歯に磁石を埋め込んで固定し、隙間なくピッタリと入れ歯を装着できます。
この方法なら、入れ歯の取り外しも簡単ですね。


TOPへ戻る