治療費が大きく異なる

耐久性を比べてみよう

交換しなければいけない

プラスチックで作られている入れ歯は、使うたびに形が変わります。
その頃になるとうまく口内に装着できないので、新しい入れ歯を作ってもらってください。
さらに毎日歯を噛み合わせると、次第に擦り減っていきます。
すると噛み合わせが悪くなり、食事がうまくできません。
その時も、入れ歯を交換するタイミングだと考えましょう。

ですからこまめに入れ歯を作成する必要があり、毎回料金が発生します。
入れ歯に異変が起こっていないか医師にチェックしてもらうため、定期的に歯医者に行くことをおすすめします。
半年に1回ぐらいのペースなら、入れ歯の異変に早く気づけるでしょう。
こまめに入れ歯を交換すると、衛生的という面はメリットになります。

耐久性に優れている素材

ずっと同じ入れ歯を使い続けたい人は、金属やセラミックなどの素材を使ってください。
1回に発生する料金は高額ですが、しっかりメンテナンスをすれば何年も使えるので、こまめに入れ歯を作り直す時より費用が安く済むかもしれません。
長い目で見れば、こちらの方がお得というケースも多いです。
先のことも見据えて、費用を計算しましょう。

しかし自費の時に選択できる素材の中には、耐久性が低い種類もあります。
特に自然な仕上がりになるシリコンやノンクラスプデンチャーは、金属に比べて耐久性が低いと言われるのでそれを理解してください。
素材を選ぶ時は見た目や丈夫さ、身体に与える負担などの中で、どれを優先するのか決めるのが良い方法です。


TOPへ戻る